便秘におすすめ!食物繊維の効果や効能

食物繊維が便秘解消に効果的なのは誰もが知っていることだと思いますが、実は食物繊維には種類があり、それによって特徴が異なるのです。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。

「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は水と飲むことで体内でゼリー状の繊維質になります。水分を含むと膨らむので少量でも満腹感を得ることが出来るなどして、ダイエットの観点からも注目されています。

植物由来の成分でリンゴに含まれるペクチンやこんにゃく等に含まれるグルコマンナン、ガムに由来するグアガムなどがあります。

便秘解消には便の量を増やすことがまずは先決となり、便の量が増えることで腸壁が刺激されて、ぜんどう運動が活発化するのです。ぜんどう運動によって便意を促します。

不溶性食物繊維

次に不溶性食物繊維です。水に溶けないものが全てそれに当たるのですが、果物や野菜を食べた時に残るスジのようなものがそれに当たります。

不溶性食物繊維は腸の中で水分を含み膨張します。それによって、便はかさを増しやわらかくなるので、便意が催されるという仕組みになっているのです。

食物繊維を摂るポイント

食物繊維は種類があるのですが、偏った摂り方ではいけません。「水溶性」「不溶性」両方をバランスよく摂ることが便秘解消の大きなポイントとなります。

そこで役立つのがサプリメントなのです。サプリは両方の食物繊維をバランスよく配合しているので、便秘解消に効果が高いというワケなのです。

 

スッキリ!を目指すなら食物繊維をバランスよく摂れる『ラクトバチルス』>>

 

<< ラブレ菌の効果と効能 | トップページ | デトックスティー(便秘茶)の効果 >>

症状別サプリの選び方